読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話の話。

個人的に気になった今日のニュース。

・・・神隠しにあったような気がする。

「神隠しにあったような気がする」大分24歳女性不明3カ月 手掛かりなし、両親悲痛

西日本新聞 12/24(土) 10:48配信


 大分市の会社員五條堀美咲(ごじょうぼり・みさき)さん(24)=福岡県久留米市出身=が行方不明になって、25日で3カ月。大分県警は約70人態勢で捜索を続けているが、足取りはつかめないままだ。「ただ待つだけというのはつらい」。久留米市の両親は娘の身を案じる日々が続く。関係者からは事案の“風化”を懸念する声も上がる。

 五條堀さんは9月25日深夜まで自宅アパートで友人女性と過ごした後、26日未明の無料通信アプリ「LINE(ライン)」のやりとりを最後に連絡が途絶えた。同日早朝、自宅周辺でスマートフォンの電波が確認されたが、その後、電波がつながらない状態が続いている。大分東署は10月6日以降、五條堀さんの顔写真や、所持しているとみられるトートバッグ、スマホ(アイフォーン6s)の写真を公開。金属探知機を投入した付近の一斉捜索も、成果はなかった。

 署によると、12月22日までに寄せられた情報116件に有力なものはなく、駅など公共交通機関や自宅周辺の防犯カメラに姿はなかったという。事件に巻き込まれたのか、何らかの事情で自ら姿を消したのか、絞り込めない状態だ。

 「これだけ手掛かりがないと、神隠しにあったような気がする」。発見の知らせを待つ五條堀さんの父(63)は「もう3カ月…。あっという間に月日がたつばかり。自分で捜すあてもなく、警察を頼るしかない」と言葉を絞り出すように話し、目を伏せた。

 県警幹部は「時間が過ぎるにつれて人の関心も記憶も薄れてしまう」と危機感を募らせる。署は25日、大分市の商業施設で五條堀さんの顔写真入りのチラシ約千枚を配り、改めて情報提供を呼び掛ける。大分東署=097(527)2131。

=2016/12/24付 西日本新聞朝刊=