読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話の話。

個人的に気になった今日のニュース。

犯人特定の可能性『世田谷一家殺害事件』。

以下抜粋。


マフラーに犯人特定の可能性“世田谷一家殺害”16年

テレビ朝日系(ANN) 12/30(金) 11:51配信

 東京・世田谷区で一家4人が殺害された事件から30日で16年です。警視庁は現場にあった遺留品のなかで唯一、製造元が分からないマフラーが犯人の特定につながる可能性があるとみて改めて捜査を始めました。

 2000年12月30日、世田谷区の住宅で宮沢みきおさん(当時44)、妻の泰子さん(当時41)、長女のにいなちゃん(当時8)、長男の礼君(当時6)が殺害されました。現場にはジャンパーや帽子、手袋など多くの遺留品がありましたが、マフラーだけは製造元が分かっていません。捜査関係者への取材で、今年の夏以降、警視庁がマフラーの再捜査を始めたことが分かりました。マフラーはアクリル100%で、機械で編んだ低価格の商品とみられています。警視庁はマフラーの製造元から犯人の特定につながる可能性があるとみて、繊維を詳しく調べるなどしています。現場の住宅は当時のまま残されていて、30日に捜査幹部らが改めて事件の解決を誓いました。